乳酸菌とはどのようなものでしょうか?

発酵食品を作り出す微生物で最も有名なものは、やはり乳酸菌ではないでしょうか。乳酸菌というのは代謝の課程で乳酸を生成する微生物の一般的な呼称です。

 

乳酸菌を利用した発酵食品として、すぐに頭に思い浮かぶのはヨーグルトやチーズなど、ミルク由来の食品です。しかし乳酸菌の働きを応用した発酵食品は世界中に存在しており、もちろん日本にも古来からたくさんあります。

スポンサードリンク

日本の発酵食品で乳酸菌を利用したものには、お漬け物、なれ鮨、味噌、醤油、日本酒などがあります。えっ味噌や醤油も乳酸菌と関係があるの?と不思議に感じる人が多いことでしょう。それはひとえにミルク由来のヨーグルトやチーズなどと、味噌や醤油とでは、香りも見た目も、また用途も大きく異なるからです。確かに一見したぐらいでは、これら全部に乳酸菌の働きが寄与しているなんて思いつかないですよね。

 

この他、乳酸菌を利用した発酵食品には、ドイツなどでよく食されるザワークラフトやキムチピクルス、浅漬けなどがあります。いずれも口においしいものばかりではなく、食品などが腐敗するのを防いでくれる役目や、腸内環境を健全に保ってくれる働きなどがあり、さながら健康食品の大関といったところです。

 

乳酸菌はこのように発酵食品を生成する場合には欠かせない微生物ですが、実は私たちの体の中にも元々微量が住み着いています。乳酸菌が居住しているのは、人の消化管や女性の膣内などで、常在菌として環境を整えてくれる重要な働きをになっています。

 

乳酸菌を利用した発酵食品には、いわゆるトクホ(特定保健用食品)に指定されているものも数多くあります。

お腹が張る・便秘・宿便…効率よくお腹の調子を整えるなら乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

スポンサードリンク