発酵食品と抗酸化作用にはどのような関係があるのでしょうか?

発酵食品の効能として、抗酸化作用や老化予防などは見逃すことができないメリットです。

 

発酵食品にはさまざまな効能があることがわかっています。その中でも抗酸化作用や老化予防といったアンチエイジングの効能はひじょうに重要です。

スポンサードリンク

ではなぜ発酵食品には、抗酸化作用や老化防止などといったアンチエイジング効果があるのでしょうか。乳酸菌をはじめとする、発酵食品を生成する微生物には、腸内環境を整えるという働きがあります。腸内には、善玉菌と呼ばれる菌と、悪玉菌とが常駐しています。腸内環境を良くしてくれるのは、これらのうちの善玉菌が増えて優位になった時です。

 

腸の内部で善玉菌が増えると、老廃物などが体から排出されやすくなり、また新陳代謝も活発になります。その結果血液中のコレステロールの値は低くなり、細い血管の隅々にまで、栄養分がたっぷりと含まれた血液が流れることになります。

 

こうして血流が改善されると、腸そのものも働きが活発になり、また脳の働きもさらに活性化されます。これにより抗酸化作用や老化防止といった効能が得られることになるのです。

 

皆さんは外観から見える肌と、内臓などとの間にどのような関係があると思いますか。実は内臓が荒れている人は、皮膚も荒れやすく、逆に内臓、特に腸内環境が整っている人は肌もみずみずしく、血色も良いという相関関係があります。

 

つまり抗酸化作用や老化防止を目的として食材を選ぶ際、腸内環境を整えるものを選べば効能が期待できるのです。乳酸菌や酵母菌納豆菌など発酵食品を生成する微生物はたくさんありますが、特に腸内環境を整えてくれるものが多いということは、ぜひ覚えておきましょう。

お腹が張る・便秘・宿便…効率よくお腹の調子を整えるなら乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

スポンサードリンク