発酵食品としてのぬか漬けとはどのようなものでしょうか?

韓国がキムチでくるなら、日本はぬか漬けです。ぬか漬けは古来からひじょうに親しまれている、日本発祥の発酵食品です。

スポンサードリンク

ぬか漬けは、地域や地方によっては「どぶ漬け」、「どぼ漬け」などという呼称が一般的な場合もあります。また漬け込む材料も茄子やキュウリ、大根などに始まってゆで卵や魚介類、肉、コンニャクなど、ありとあらゆるもののぬか漬けが存在するのではないかと思うくらい、バラエティに富んでいます。

 

ぬか漬けの発祥は、どうやら江戸時代にまで遡るようです。江戸時代の人は、後世の世まで伝わるようなさまざまなものを作り出してきたアイデア人が多い時代だったらしく思われます。ぬか漬けはその中でも一等賞をあげたいほど、広く親しまれており、いまだにその人気はいっこうに衰えることはありません。

 

ぬか漬けは、江戸時代では納豆など同様に、保存食としてひじょうに利用価値がある大切な食品でした。しかしぬか漬けには、単なる保存食以上の大きなメリットがあります。

 

メリットの1番はやはり、食べておいしいということでしょう。特に食欲が落ちる真夏などには、冷蔵庫で少し冷やしたぬか漬けが数種類あれば、それだけで十分なごちそうのようで、食欲もわいてきます。

 

またぬか漬けにはビタミンB1が野菜に吸収されるという、栄養上の大きなメリットもあります。ビタミンB1が不足すると脚気などの病気にかかりやすくなってしまいます。

 

ただし今日では、以前のように自宅で糠床を作って、丹念に手を入れるというのは、忙しい都会暮らしの女性などからは敬遠されがちです。しかしその分はスーパーなどでしっかりと、おいしいぬか漬けを購入して食べているというのが実情です。定めし、後世に伝えたい日本の宝の筆頭でしょう。

お腹が張る・便秘・宿便…効率よくお腹の調子を整えるなら乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

スポンサードリンク