発酵食品としてのキムチとはどのようなものでしょうか?

キムチは日本発祥の発酵食品ではありませんが、現在の日本人でキムチのことを知らない、あるいは一度も口にしたことがないという人はごくわずかなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

それほどまでに日本でも人気の高いキムチですが、本場はもちろん韓国です。キムチは冬、白菜が最も大きく生長した時期に、各々の家庭で作られる、韓国版我が家の味のお漬け物といってよいでしょう。韓国ではキムチを作る時期になると、どの家でも大きな瓶を用意してキムチ作りに精を出します。このことをキムジャンといい、キムジャンのために、会社からボーナスまで出るというのですから、本当の国民食であることに間違いはありません。

 

しかし最近になって韓国のこうしたキムチ事情も、大きく様変わりし始めているようです。それというのも、価格の安い中国産のキムチが、大量に輸入されるようになったからです。

 

一方我が国、日本ではもうずいぶん前から日本版キムチが人気があるように思えますが、実は本当にブレイクしたのは1980年代も後半からで、例の桃屋のキムチの素が大ヒットになっておかげで、人々がキムチに寄せる関心も、それまでとは比べ物にはならないほどになっています。

 

キムチにはひじょうにたくさんの種類があることでも知られています。水分が多いものや逆にあまり水分を含まないもの、激辛からそれほど辛くないもの、長い時間発酵させたものと日本でいう浅漬けのようなものと、本当にバラエティーに富んでいます。

 

また最近ではキムチを用いた、鍋やどんぶり料理など新感覚のメニューも増えてきています。激辛ファンにはたまらない話ですね。

お腹が張る・便秘・宿便…効率よくお腹の調子を整えるなら乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

スポンサードリンク