発酵食品としての納豆にはどのような働きがあるのでしょうか?

納豆はその強い臭い故に、好き嫌いがはっきりと分かれますが、さまざまな栄養分を豊富に含んでおり、日本の代表的な発酵食品、および健康食品であることは間違いありません。

スポンサードリンク

納豆には塩辛納豆、ひきわり納豆、納豆汁などさまざまな種類や、食べ方が存在します。しかし一般的に最も好まれているものは、あの混ぜるとネバネバしてくる糸引き納豆でしょう。

 

納豆は、以前は関東以北などで好んで食べられ、関西などでは嫌う人も多いという、地域色がはっきりと分かれる食品でしたが、現在では食文化の多様性や、流通の発展などによって、日本全国のスーパーや、食料品店などで普通に買うことができます。

 

納豆は発酵食品の代表的なものですが、最近大量に流通している3〜4個の小分けされた納豆を発泡スチロール性の容器に納めて、からしやタレなどを付けたものと、昔ながらの稲藁で発酵されたものとでは、微妙に味わいも異なり、臭いも違います。できれば藁の臭いがうっすら漂う、稲藁で作られた納豆を食したいところですが、最近では発泡スチロール性容器の納豆が圧倒的に売れており、小さなスーパーなどでは、あの懐かしい稲藁納豆の姿を見ることができないこともあります。

 

納豆には多くの栄養素が含まれていますが、中でもビタミンKや良質の植物性タンパク質は、腸内環境を整える効果などもあり、毎日1回食べることで、便秘対策美肌効果、血栓になりにくくなる効果などが期待できます。

 

発酵食品である納豆の、血栓を溶かす効果は納豆に含まれるナットウキナーゼが主に持つ作用で、納豆にはこの他にも殺菌作用などもあり、昔の日本では薬代わりに食べられていた時代もあったと言います。

お腹が張る・便秘・宿便…効率よくお腹の調子を整えるなら乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

スポンサードリンク